こんな不安や悩み

▢空室が増えてきた賃貸アパートこれからどうすればいい?
▢この不動産貸した方がいい?それとも売った方がいい?
▢どの活用法が一番有利?将来にとってはどう?
▢業者からマンション建築を進められているけど実際どうなの?
▢未来を見据えた活用対策を考えたいけどどうすればいい?
▢周りに知られずに売却をしたいけど、どうすればいい?
▢自宅の空家これからどうする?
▢どうすれば子供のために価値ある資産を残せる?

不動産活用法

不動産活用の方法は、『売る』『貸す』『自己活用』『共同活用』の大きく4つのパターンに分けられます。

これをさらにシンプルに分けると『売る』か『利用する』の2択しかありません。つまり、利用する場合の方法として『貸す・自己活用・共同活用』という選択肢があるのです。

それぞれに選択にメリット・デメリットが存在し、目的(想い)に応じて最も適した方法も異なってきます。また、不動産の利用方法は、代表的なものとして、マンション・アパート・駐車場・戸建て・オフィス・店舗・・・など少なくとも20種類以上にも及び、複合方法や契約方法まで考えると少なくとも100通り以上のバリエーションがあります。

しかし、不動産の活用方法を検討する際に第一に考えなければならないのは、『顧客のニーズ』です。いずれの方法を選択するにしても、大前提としてその土地と活用方法に顧客のニーズが存在していなければ、絵にかいた餅のごとく不動産活用を成功させることができないためです。

 

不動産活用を成功させるには

2060年には、人口の3割減少すると見込まれる日本において、ただ建物を建てて不動産を活用していればよかったという時代は終わりました。

人口が右肩上がりで増加し、建物が足りていなかった今までの時代と人口が右肩下がりに減少し、建物が過剰になりつつあるこれからの時代とでは、不動産活用のすべてが大きく異なるに違いありません。

今まで以上に、これからの時代の『不動産活用は、経営と投資』であるという本質的な理解と認識が必要です。

土地活用は、立地や敷地形状によって、駐車場・アパート・マンション・店舗施設・商業施設・福祉施設・・など様々な方法があります。

なかでも土地活用で建物を建築する場合は、初期投資の割合が非常に大きく、事業資金の大半を融資によって賄い、全額返済までに15年、20年、30年という時間を要します。

初期投資が大きいということは、最初に失敗をするとその後のリカバリーが大変困難であることを意味します。

一度建ててしまえば、その建物と一生付き合わなければなりません。多くの場合、融資を利用して建物を建てるため、建てた後になって、建て直すようなお金は残らず、『失敗した』と思っても、後から変えることもできません。

つまり、最初の時点(マーケット調査や企画)で、経営・投資の視点をもって正しい意思決定をすることが最も大切となるのです。